マムシでイライラ解消

マムシには、イライラの元となるストレスの解消に役立つことをご存知ですか?

 

なぜマムシがストレス解消に役立つのかといえば、マムシに含まれるタウリンに関係しています。

 

タウリンには様々な働きがありますが、解毒をしたり疲れをとることによって乳酸を減少させ、ストレスの緩和を促してくれるのです。

 

マムシのキモ

 

マムシのキモの約半分の成分は、タウリンだといわれています。タウリンは、人の体になくてはならないたんぱく質の分解から、胆汁を分泌させたり、肝機能をアップさせる働きを持っています。

 

特に肝機能には解毒作用があり、この働きが衰えると体に毒素がたまって疲れも抜けていきません。疲れが取れないばかりかさらに深刻な被害が起こってくるのですが、それはここでは置いておきましょう。

 

ストレスは体の疲れからもやってくるので、体内に疲労を蓄積するのはよくありません。こまめに解消することで、心身の健康が訪れます。

 

カルシウムによる安定作用

 

マムシには、カルシウムも多く含まれています。カルシウムといえば、骨や歯を作る成分として知られていますが、実は美肌を作る要素でもあります。

 

それはともかく、カルシウムには自律神経を左右する働きもあるのです。カルシウムが不足すると神経の伝達に異常が生じ、自律神経に不調が始まります。

 

そのため、イライラしやすくなったり、落ち込みやすくなったりと精神的に不安定な状態になります。不眠にもなりやすくなるため、普段から睡眠不足の人はカルシウムをとるようにしたほうがよいでしょう。

 

もちろん睡眠も必要ですが、カルシウムを補給することによって精神の安定が得られてよく眠れるようになります。マムシにはこれらの働きを持つ成分が含まれるため、体調不良が気になってきた人は試してみてはいかがでしょうか。