マムシの毒は大丈夫?

マムシには毒があり、噛まれると生命の危険を脅かすことがあります。そのため、マムシに噛まれたら早急に応急処置をして病院に行くことが大切です。

 

でも、そんな毒性の強いマムシを健康食品として利用して、問題ないのかと心配する人がいても当然です。

 

でも、実際にはその心配は無用です。
なぜなのかは、今からお話します。

 

食用なら問題ない

 

マムシの毒が反応するのは、血管内に入ったときです。食べてからでも毒素が血管内に入っていけば問題なのでは?と思うかもしれませんが、そんなことはありません。

 

マムシの成分が血液となって血管に運ばれるまでには様々な分解が行われるため、毒素も消えてしまいます。また、アルコールにマムシを漬け込んであるお酒は、アルコールとマムシの毒素が反応することによって健康成分となるそうです。

 

ただ、中国などでは、何ヶ月もアルコールに漬け込んだマムシがまだ生きていて、飲もうとした人に噛み付いたという事件もあります。マムシ関連の食品を手に入れるときには、信頼のおけるところを選びたいものですね。

 

サプリメントやエキスなら

 

マムシをそのまま漬けるマムシ酒などは別ですが、通常はサプリメントやドリンク状態のマムシ製品には工場での熱加工が行われるはずです。

 

その段階で毒素は抜けるはずですし、マムシのどこを使うかによっても安全度が変わってくるでしょう。多くの人が利用するマムシ製品はサプリメントなどのパッケージ品でしょうから、安心して大丈夫です。人気の高い商品なら、効果を実感している人も多いでしょうから参考になるでしょう。