引越し時のトラブル

引越しをする方はたくさんいて、引越し業者もたくさんあります。

 

その引越し業者ごとで料金やサービスが異なっています。
そのため、引越しをするときには、いくつかの引越し業者に見積もりをしてもらった方が良いでしょう。

 

その見積もりですが、無料で行ってくれるのが通常で、いくつかの引越し業者に見積もりをしてもらうことで、そのなかから自分の引越しの計画に合った引越し業者を選ぶことになります。

 

しかし、引越し業者との間で問題が起きてしまうことがあるため注意が必要です。

 

ここでは、実際に引越し業者との間に起きたトラブルについて見ていきます。

 

それは、荷物を壊されたり、壁やフローリングに傷をつけられたということです。

 

荷物を壊されたというトラブルは、食器や家電製品が壊されるというケースが多く、前もって荷造りをしたときに段ボールの外側に割れ物などが入っていることを確認することができるように印をしておくことで少しは防ぐことができますが、少し揺らしただけでも壊れてしまうことがあるので難しい問題です。

 

壁やフローリングに傷をつけられたというトラブルは、大型の家具や家電製品を家から運ぶときに傷をつけられるというケースが多く、引越し業者のスタッフも気を付けてはいると思いますが、ちょっとした気のゆるみで傷つけてしまうことがあります。

 

引越し業者はそのようなことを一番気を付けなければいけないのですが起こり得ることので、荷物を運んだ後に自分で確認することも必要になってくるでしょう。

 

これらは防ぐことは簡単ではありませんが、荷物を運ぶときに引越し業者の過失で壊されたり、傷つけられたりしたときに保証がされるかどうかを確認しておくことをおすすめします。

 

また、ほかのトラブルとしては契約をしたのにサービス内容をこちらで変えてしまうとトラブルの原因になったり、知らない間に追加で料金が上乗せされてしまったりするトラブルもあるようです。