ほうれい線の原因は顔の凝りから始まるのか

ほうれい線は顔が凝っていることから生じる、という説があります。皮膚のたるみが影響するほうれい線は、顔の筋肉が凝り固まることが原因となり得ます。

 

肩が簡単に凝ってしまうように、顔のあちこちもすぐに凝ってしまいます。原因不明のむくみに悩んでいる方は、顔の凝りが起こっているのかもしれません。マッサージをすることで、効果的に顔の凝りを解消することができますよ。

 

リンパマッサージで凝りを解消

 

むくみが起こるのは、リンパの流れが悪くなるからです。顔の筋肉をあまり動かしていない人は、どうしてもリンパの流れが滞ってしまいます。

 

やりすぎは禁物ですが、気づいたときに適度に肌をマッサージしてあげることで循環をよくしてあげられるでしょう。リンパマッサージは、凝りをほぐしてリンパ液を流すことが大事です。

 

顔中にリンパ管は流れていますので、その流れをスムーズにしてところどころに位置しているリンパ節に流した凝りを仕上げにとってあげるのです。

 

マッサージを行うタイミング

 

リンパマッサージはいつ行ってもよいのですが、素肌に素手で行うと肌に圧力がかかりすぎる可能性があります。ほうれい線が気になる人のほとんどは肌が乾燥しているでしょうから、保湿を兼ねてオイルやクリーム、ジェルなどを肌につけるときにマッサージを行うと一石二鳥です。

 

コラーゲンなどの美肌成分が入っていれば、肌への浸透力を高めてさらに効果アップを期待できます。力を入れすぎず、やさしくリンパ液を流すようにマッサージしてあげれば、ほうれい線が自然に消えてくるのと同時に、美肌成分が浸透して肌にハリやつやが出てくるでしょう。