妊娠中の便秘対策

妊娠中というのは、様々な原因により平常時より便秘になりやすいといわれています。この妊娠中の便秘対策に関し、有効と考えられているものをピックアップしています。

 

体を温める便秘対策
妊娠中の便秘には、入浴が良いといわれています。このため、専らシャワーしか使わないという人は、浴槽に浸かる習慣付けをしてみてはいかがでしょうか。

 

なお、入浴といっても、半身浴にしたり、フットバスにしたりと、色々な方法があります。暑い時期に入浴はのぼせるという人もいますが、フットバスなら大丈夫ではないでしょうか。なお、シャワーが良くないのは体が冷えるからです。体の冷えは腸の活動を鈍らせることになり、便秘を招きやすくなるのです。

 

食事による便秘対策
妊娠中の便秘に悩まされるようなら、食事の見直しを行いましょう。便秘に良いとされる繊維質の多い食べ物を摂ることにより、お通じが良くなったという妊婦さんが大勢います。

 

繊維質が多いものといっても、食べるものを選ばないとガスが増加しやすくなり、お腹が張り苦しいと訴える妊婦さんがいます。そのため、妊娠中の便秘解消を目的に摂るなら、水溶性の繊維質が豊富な食べ物を選ぶようにしましょう。

 

運動による便秘対策
適度な運動は、妊娠中の便秘に効果を発揮します。ウォーキング、マタニティスイミングなどが特に効果的といわれています。その他、マッサージなどすることによっても、お通じが良くなるとされていますので、便秘に悩まされたくない人は取り入れやすい方法を積極的に試みましょう。